水中スレート(クエスト)のスレートペン改造方法
a0060407_9172090.jpg

ガイドは勿論、コミュニケーション好きなダイバーにはお馴染みの水中スレート(クエスト)。勿論僕も愛用しています。今までに何個使い倒したでしょう。これが無くてはちょっとガイドが厳しいですね、ダイコンと並んで必須の道具です。そんな愛用者だからこそ、声を大にして言いたいことが。スレートペンの紐が長すぎで収納できないのです。収納してもすぐ外れたりして、たまに地面に引っかかるし。
a0060407_918720.jpg

デフォルトだとこんなに長い。
a0060407_9183574.jpg

文字を書いたあと、30センチもある不要な長さの紐をひたすらペンに巻きつけ、そして収納するわけですが、出し入れに10秒くらいかかるのでもどかしいのです。偏って巻きすぎて、ペンの収納場所に入らない時もあるし。しかし紐を短くすると、これはこれで書きづらかったりする。改善の見込みはないのかなぁ…

僕は昨年からこのストレスをなくすため、ちょっとペンを改良して使っています。これがとっても快適なんです。費用は数百円ですし、一年間使用して、皆さんにも快適に使っていただけるオススメ方法なので、紹介します。
a0060407_9192494.jpg

【使用する材料】
・100均で売っているくるくるコード(両端の鉄のリング部分等はは錆びるので、ニッパーで切り落とします)
・DIY等で売っているステンレスリング(両端で2個、10~20円/個)
・スレートペン(クエストから取れば0円、新調で800円程度、「せんせい」用の替えペンも使用可。amazon等で160円)

5分で作れます。くるくるコードやステンリングはダイビング器材についている様々な余りを使ってもいいでしょう。全て新品でも画像のものなら300円以下で作れます。せんせい用のペンはとても持ちやすく、そして安いのでいいですよ。但し少しだけ文字の太さがあるので、長文には不向きです。ま、このスレートに3行書かなければ問題ありません。
a0060407_9203081.jpg

さて、完成したらこれをタイラップや髪留めゴムで、コンピュータのバンドにつけちゃいましょう。文字を書く腕側にダイコンを装着して使います。ちなみに僕は右手につけています。ダイビング中はブラブラさせていても、ほとんど気になりません。
a0060407_9211658.jpg

文字を書き出すまで2秒。、収納時間ナシ、簡易指し棒としても使えます。
a0060407_9233070.jpg

BCを着るときや、流れに逆らって岩を使うようなときは、こんなふうに腕に差し込んじゃえば、引っかかりません。
a0060407_9243473.jpg

スレートを良く使うダイバーの皆さん、書き出しと収納時のストレスが激減しますので是非お試しあれ。正直使い始めた瞬間から、紐じゃなくて、こっちを標準装備にしてくださいよと言いたくなるほど楽です。少量なら予備の在庫がありますので、来島していただいている方ならお譲りもできますよ。

.............................................................................................................................................................colorcode記事はここまでとなります。これより下段↓は広告スペースとなります、なにとぞご了承くださいませ。
[PR]
by color-code | 2013-03-17 09:26 | 道具 | Comments(4)
Commented by じゅくねんだいばー at 2013-03-17 09:36 x
スレート用だけにストレース無く・・・ですかね(なんだ?)おそ松!
でも今シーズンから使ってみよう。ちょっとした気の利くアイデア有難うございます。
Commented by color-code at 2013-03-17 10:00
じゅくねんだいばーさんにはマストアイテムですよ、1本お送りしたいくらいです。
Commented by じゅくねんだいばー at 2013-03-24 16:25 x
color-code様:おお!頂けるのでしたら喜んで(ずうずうしいね・・・オイラ)
Commented by colorcode at 2013-03-25 07:01 x
じゅくねんだいばーさん:待っててくださいね!
<< 妄想 春のおとずれ >>