晩秋

諸々の事情でかれこれ数か月、アクションカムでの撮影オンリー。久しぶりにカメラのファインダーを覗く。全然ピントが合わない、寄れない撮れない。ゲストさんの初日の気持ちがしみじみわかります。

身体は正直なもので、夏場の暑い時には青色の写真が増え、春先になると初夏を待ちわびるように青を探す。そろそろコートをまとう今時分ともなると、知らず知らず暖色の被写体にカメラを向ける。エキジットしてしばらくして車の中で、そんな気持ちになるためには、そもそも海は青く、生物は豊富で、何より四季がないと気づけないのだと今更気づいた。日本に居る、沖縄で過ごせて良かった。これからも。

a0060407_17303247.jpg
久しぶり散々の撮影スキルの状態で開き直って数十分居座って撮影したアオギハゼの子。最後の方でようやく少しだけ感覚が戻ってきて、周りを見る余裕ができました。撮影機材もなかなかの老体、撮ってるこちらの視力もボロボロ、でも晩秋の海がとても楽しみに感じた1日でした。

.............................................................................................................................................................


[PR]
by color-code | 2017-11-10 17:42 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
<< 強風高波の為、本日はクローズさ... シイラの河 >>