カテゴリ:未分類( 44 )
GW直前情報-イマズニのギンガメアジ&カマス状況-

a0060407_08222043.jpg
GW期間は風が割と回る時期なので、毎日ポイント選びが楽しい(悩ましい)です。
島の南沖合にあるトンバラに行きづらい日の強い味方、北のイマズニ。スキルレベルを問わない、群れ、マクロ、地形、すべてパッケージされた万能ポイントです。
現在のイマズニはこんな感じ。盛り上がってきましたよ。ガイド任せでなく、チーム全員で作戦を組んで、他のショップさんやゲストさんとも協力して太陽を味方につけ、群れをコントロールする。うまくはまった時の達成感とエアーの減りの速さったらもう! 30分でおなか一杯になりますわ、今日もごちそうさまでした!



.............................................................................................................................................................



[PR]
by color-code | 2017-04-25 08:33 | Comments(0)
知性

魚の眼も様々、サメは見るからに腹に一物ありそうだし、弱気な魚や上手く立ち回る魚、タテジマキンチャクダイとかベラ達の多くはサングラスでその眼を隠して自分を守っている。ダイバーから疎んじられているゴマモンガラの瞳は意外にもつぶらでとても可愛いし、カエルウオの仲間たちのドーム状の眼は僕たちの心を反射するように、様々な感情を見せる。

a0060407_15595194.jpg
写真はハナヤサイサンゴの奥にひっそり住むダンオオコゼ。

基本的なカサゴの眼とカエルウオの顔なのだけれど、その髭もあってか知性を感じるたたずまい。しかもなんか強そう。ボスキャラ級でこういうのいるよね。素で相当強いのに魔力も高いから、叩きながら火とか吐いてくるヤバい奴。で、こっちがボロボロになって倒すと「見事な闘いだった、お前達ならこの先にゆけるだろう。」とかね...オイその知性で闘う前に察して通しておくれよ。


そんな強敵(とも)が久米島の棚上には沸くほどおります。ダイバーも少なくなり、じっくり被写体に向き合えるこの冬のシーズンです、フォト派の皆様、ちょっと長めになりますが、充実の勝負をお楽しみください。

.............................................................................................................................................................
12/28-01/02 与那国ハンマーリバーツアー『残席男性のみ1名ギリギリ可能かも、お問い合わせください』
ここ数年、ダイバーの憧れ、ハンマーリバーが爆発中の与那国。人数5人限定で年末年始ツアーを募集中です。冬でも水温は24~25℃、ハンマーを狙う西埼までは港からボートで5分以内、1本づつショップに帰ってシャワーで温まることが出来ますので冬の海でも快適です。
ここ数年は毎日数百単位のハンマーリバーが連発という状況、基本的に全ダイブリバー狙いをします、一昨年は安全停止中に推進真横数mにハンマーリバーが登場するなど、世界でも類を見ないダイビングサイトへと成長しました。参加ご希望の方、体育会系ノリではないのでどうぞご安心ください。ただし器材セッティング、エントリー後のヘッドファースト潜降、ガイドの水深をキープできること、撮影機材は自分で管理できることが必要です、スキル的に心配のある方はお問い合わせください。

与那国ツアー開催日程
・日程12/28-01/02(最大14ダイブ)
・ダイビンスサービス あーびゃん
・宿泊 併設ペンション(2名1室インバス)
・航空券手配もご希望により承ります。

詳細はお問い合わせください。
カラーコード:塩入淳生 shioiriatsuo@yahoo.co.jp


[PR]
by color-code | 2016-12-01 16:01 | Comments(0)
ミーニシビュービューです。

昨日は一旦収まった北風ですが、今日は夜半からビュービュー、15mで波は4m、まさに冬場のどうしたものか? な海況です。沖縄の12~2月って、月の半分小雨が降ってて風が13mくらい吹いて波は3mみたいな、要は雨季のような天候が続くんですが、ミーニシ(新北風)が吹きだしていよいよそんな感じになってまいりました。水温も昨日まで28度でしたが今日の内海は26度台に突入、ようやく例年並みに追いつきだしてます。
自分は関わっていないのですが、数日前から月間マリンダイビングさんの久米島取材が続いています。発売は2月号だそうです、楽しみですね。昨日はよかったのですが、今日といい、その前後はラフな海況、カメラマンさんもモデルさんも大変ですが、取材を受ける現地サービスもこんな時はやりたい海がなかなか出せず、胃が痛い思いだと思います、お疲れ様でございます。

a0060407_19091492.jpg
そんなこともあって心配していた今日の荒天ですが、なんとか晴れ間も出て、内海ではこんなフォトジェニックな光景が。
降り注ぐ光に元気なサンゴ、デバシャワー。癒されました。

.............................................................................................................................................................


[PR]
by color-code | 2016-11-01 19:10 | Comments(0)
お絵描きダイバー x COLORCODE コラボ企画
その名もお絵かきダイバー。
a0060407_17541167.jpg

ダイビング業界ではとっても有名なダイバーがいらっしゃいます。ダイビング歴四半世紀、数多の海域での潜水歴とタンク本数は現在1800本あまり、そして、ダイビングスタイルは撮影を排除した完全なFWスタイル、最強じゃん…というか、俺、ガイドしてもらったほうがいいんじゃないかというか、とにかくそんな人です。幸運なことに、もう十数年、一緒に海に入らせていただいています。お絵かきダイバーさんと潜った誰もが感じるのが、「海がすごく楽しい!」ということ。これはご本人の人柄も勿論なのですが、おおっ! と感じた海の中での周りへの伝え方の間合いが絶妙なんですよね。業界の人間としても、とても学ぶべきところの多い人です。

しかしなんといっても、氏の描くこのログ絵の世界。
a0060407_17534697.jpg

これが数千枚あるということ。信じられます? 今もどんどん増えています。僕はずっと、このログ絵のファンであり、熱心なコレクター。氏と一緒に潜り、ガイドをさせていただいた人だけが、しばしばこの作品をお裾分けいただく権利にあずかれるわけですが、これは、ガイド冥利に尽きますね。

さて、お絵かきダイバーさんの紹介を終えたところで報告です。積年の願いでありました、お絵かきダイバーさんとのコラボ企画を立ちあげることができそうです。
この素晴らしいログ絵を、色の洪水を、ロギング会場とは違った場所と方法で、皆さんに楽しんでいただきたく、鋭意進行中。微力ながら力を尽くしますので、請うご期待。


.............................................................................................................................................................colorcode記事はここまでとなります。これより下段↓は広告スペースとなります、なにとぞご了承くださいませ。
[PR]
by color-code | 2012-11-18 17:55 | Comments(4)
秋晴れです

今日は昨日に引き続き、雲ひとつ無い見事な秋晴れ。湿度も低くて過ごしやすいです。きっと夕日も最高でしょうね。

さて、明日からはしばらくデスクワーク、というか、ゲスト様が不在の日が続きます。もう10月も終わり、そろそろ今年最後の11月初めの連休がやってくるのだけれど…いい具合に(?)暇。
こんなんでいいのかな、どうなんだろ、個人経営のサービスを考えると安全や諸々考えればこれが自分の身の丈、これでいいんじゃないかとも思うし、同時にけっ、おめでたい話だぜまったく、と小言を浴びせる自分もいたりするんですが。でもそんなことを考えて後片付けができるくらいってことは、いいことなんでしょう。

そういえば連休で、どこの海もそれなりに混んでいて、でも行ってみたら意外や意外、空いていてなんか得したような気分。そういうの、皆さん何回か味わったことありませんか?
ご安心ください、当店はそれがデフォルトです。 ←自慢でいいのか?

写真はここんところ復帰してきたギンガメアジ。と、ホソカマス&オオメカマスたち。不思議なのは、なんでか解らないですが、小ぶりなんですよ、帰ってきたギンガメアジ達が。

a0060407_16131878.jpg


まるで沖合いで1週間かけて一斉クラス替えでもしたんでないのか? って雰囲気です。でも粟国と渡名喜、久米島の真ん中あたりで意外とそんなこと、半期に一度やってたりしてたら面白いんだけどな~やってないかな、ホントに。

そんな事を考えながらの写真整理、でもそれも今日まで。何故って…カメラ水没したから(嗚呼ぁぁぁ~。。。)
しばらくゆっくりしなせぇ。 ってことかなぁ。


-12月28日~01月17日 フィリピンリロアン長期ツアー参加ダイバー募集中です- 
古巣のフィリピンはセブの最南端、リロアンのマリンビレッジで今年もロングツアーを開催しています。冬の日本を抜け出して、暖かい海で少人数で好きなだけ撮影三昧しませんか? 全日程まだまだ残席多数、お問い合わせお待ちしています。



.............................................................................................................................................................colorcode記事はここまでとなります。これより下段↓は広告スペースとなります、なにとぞご了承くださいませ。
[PR]
by color-code | 2011-10-24 16:17 | Comments(0)
リロアンツアー募集中です

-12/28~01/17 フィリピンリロアン長期ツアー- 只今募集中です!

自分が久米に来る前にガイドをしていた古巣、マリンビレッジで今年もロングツアーを開催いたします。ここリロアンの売りはなんと言っても部屋を出て30秒でエントリー可能なFW・フォト派を唸らすハウスリーフです。ここを基点として作られたリゾートは、すべてがダイビングをより快適に安全に、を基準に造られています。寝室、レストラン、BAR、器材置き場、カメラ水槽、ハウスリーフへのエントリー・・・等々、ダイバーに必要なすべての設備が徒歩数十秒圏内にあるというこの便利さは、一度味わってしまうと病みつきですよ~何日潜っても飽き足りない絶好の環境と豊富な被写体。60分ダイブは当たり前、1被写体20分だって全然OKっ! 正月だって少人数なツアーです。冬の日本をしばし離れ、ゆったりとした休暇を一緒にすごしてみませんか?各空港発着、現地空港専用タクシー送迎で、旅慣れない方、お一人様参加でも安心です。申し込みは11月末迄、滞在日数、発着地等、お気軽にお問い合わせくださいませ。

a0060407_17143647.jpg


【リロアン・マリンビレッジ 水中写真術】
写真家の岡田祐介さんが、リロアンの詳細なレポートと一緒にとても解りやすい撮影方法について書かれています。これを読んでから参加すればサクサク撮影、快適なリゾートライフ満喫、間違いなしですよ~ →→こちら

【予約状況】
・全日程、空きがございます。


【参考ツアー料金・各空港発着OK】・成田発着直行6日間、全工程交通費、全食事、12ダイブ付(リロアンエリア)159000円~231000円
*5日~最長21日まで、自由にアレンジできます。日程はリクエスト他によって変更の可能性があります。



.............................................................................................................................................................colorcode記事はここまでとなります。これより下段↓は広告スペースとなります、なにとぞご了承くださいませ。
[PR]
by color-code | 2011-10-21 17:19 | Comments(0)
連休後半、仕切り直しでいよいよスタートです!
こちらで迷走した台風15号は、内地でも大暴れしていってみたいですね、都内は交通も数時間マヒしたみたいで、ちょっとだけニュース映像見ましたが、僕、あの駅の構内はやっぱりもう無理です、あんなことになったら地下の焼き鳥やでもいいから酒で我を忘れるまでとりあえず夜更けまで呑もうと誓いました。なにわともわれ、皆様、ご無事でしたでしょうか?

こちら久米島は、ようやくうねりが消えてきました。今日は朝からフェリーも動き、物資も徐々に正常に戻っています。あとは新鮮な魚を海人が獲ってくるのをまつのみです。でも昨日から気温が少し落ちて、最高で28度、朝晩はパーカを着てもちょうど良いくらいの陸上です、湿度も低くて過ごしやすいですよ。

うねりが収まったので、早速トンバラへ行ってきました。明日から連休本番ですし、ここは少し入らないと、感覚のズレが顕著に出てしまうので、早めに様子を見ておきたいポイントなのです。

a0060407_17185222.jpg


大好きなグルクンが連休後半の始まりを告げる花火のように開いてました。なにせ日本全国のダイビング業者とダイバーが、いろんな意味で大泣きだった今年のシルバーウィーク前半戦でしたから、もう気合入れて大逆転しなくちゃ。

明日から海況は上り調子です。皆さん、良い海を、そして楽しい連休を過ごしましょう!

.............................................................................................................................................................colorcode記事はここまでとなります。これより下段↓は広告スペースとなります、なにとぞご了承くださいませ。
[PR]
by color-code | 2011-09-22 17:22 | Comments(0)
久米島の状況
皆様、ご無事でしょうか。

久米島は津波や地震等、直接の影響はほぼなく、交通の乱れ以外は落ち着いております。心配頂いた皆様、ありがとうございます。ダイビングは本日、および津波警報解除、安全が確認されるまで中止いたします。取り急ぎご報告いたします、こちらは大丈夫です、それより皆様、どうかご無事で。

.............................................................................................................................................................colorcode記事はここまでとなります。これより下段↓は広告スペースとなります、なにとぞご了承くださいませ。
[PR]
by color-code | 2011-03-12 10:48 | Comments(0)
ボーダーライン

皆さんはダイビングしていて、水温はやっぱここまでだろ~…っていうこと、自分なりに決まっていませんか? ここから下は潜らないっ! って決めてる方もいらっしゃるでしょうし、あるいはドライにするとか、フードベスト用意するとか、なにかしら心づもりを持って海に行く水温。
僕のラインは24度ですね、ここから僕にとっての秋~初春にかけての久米島が始まります。ウエットもいよいよロクハンへ、陸上もTシャツからパーカーへ衣替えです。

今現在の水温はおおかたで26度台、衣替えライン突入直前、といったところです。ここのところ気温が水温に負けてます。風も北寄りの日が増え、マダラトビエイやカメがよく現れる海域に行く機会が多くなりました。マンタは序盤戦、あと半月で突入といった雰囲気、出物も秋らしいです。ここまで水温が下がればさすがに毎週のように台風の心配もしなくて済みますから少しだけ気が楽ですね。水温の極端な上昇も無く、久米島のサンゴも大きな被害なく夏を乗り切りました。

a0060407_19373321.jpg


注目はイノー(礁湖)の砂地ポイントです。今時期は透明度が絶好調、外海に匹敵する沖縄BLUEが堪能できます。加えて今年はグルクンの密度が高く、こんなふうにとっても華やかですよ~♪
[PR]
by color-code | 2010-11-04 19:38 | Comments(4)
今期もリロアンツアー日程決定しました。
-12/23~01/19 フィリピンリロアン長期ツアー- 只今募集中です!

自分が久米に来る前にガイドをしていた古巣、マリンビレッジで今年もロングツアーを開催いたします。ここリロアンの売りはなんと言っても部屋を出て30秒でエントリー可能なFW・フォト派を唸らすハウスリーフです。ここを基点として作られたリゾートは、すべてがダイビングをより快適に安全に、を基準に造られています。寝室、レストラン、BAR、器材置き場、カメラ水槽、ハウスリーフへのエントリー・・・等々、ダイバーに必要なすべての設備が徒歩数十秒圏内にあるというこの便利さは、一度味わってしまうと病みつきですよ~何日潜っても飽き足りない絶好の環境と豊富な被写体。60分ダイブは当たり前、1被写体20分だって全然OKっ! 正月だって少人数! 年末年始以外はほぼマンツーマン!? 状態なツアーです。冬の日本をしばし離れ、ゆったりとした休暇を一緒にすごしてみませんか?各空港発着、現地空港専用タクシー送迎で、旅慣れない方、お一人様参加でも安心です。申し込みは11月末迄、滞在日数、発着地等、お気軽にお問い合わせくださいませ。

a0060407_15193570.jpg


【予約状況】
・12/23~01/05 残席1席です。
・01/05~01/11 定員となりました
・01/12~01/19 エアー安い、ゲスト少なく快適、海も貸切状態です!

【参考ツアー料金・各空港発着OK】・成田発着直行6日間、全工程交通費、全食事、12ダイブ付(リロアンエリア)163000円~244000円
*5日~最長21日まで、自由にアレンジできます。日程はリクエスト他によって変更の可能性があります。
[PR]
by color-code | 2010-09-18 15:20 | Comments(0)