<   2016年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
黒い死の影

30度を超える水温が続き、台風は来ないまま。久米島でもサンゴの白化が始まりました。1998年以来の大規模な事態です。サンゴはギリギリまで持ちこたえているのですが、限界を超えると数日で激変します。先週から一気に海中の光景がパステル色になりました。私達人間も加担したことです。どれだけサンゴ達が急速に耐性を強化したとしても、この凄惨な白化現象は今後も近いうちに起こるでしょう。それが起きたときに目を逸らさず、見続けることがダイビングに携わる人が今、するべきことだと思います。


赤灯台という島の北側の外海と内湾の特徴がが入り混じったポイントがあります。サンゴ、スズメダイ類の種類が群を抜いて豊富で、毎年襲い来る台風の影響も外海にしては大幅に受けづらい場所で、ここ数年のサンゴの成長はそれはそれは見事なものでした。ただ今年の高海水温は、ここが潮や波の影響を受けづらいというメリットが逆にデメリットにもなり、この1か月は非常に過酷な状況になりました。8月に入って一気に白化が始まり、8/9の昼にはここまで進行しました。

a0060407_18403022.jpg


エントリーしてまず眼についたのがサザナミハギやナガニザの幼魚たち。かなりの量が降り注ぐ太陽の下、あっちこっちへと移動しています。異変に気付いたのはその直後。水深を10mまで落とすとポイントのあらゆる根すべてがニザダイ達の幼魚で覆われていたのです。数万はあろうかという、黒い雲のようでした。動画をこちらに貼っておきます。

a0060407_18425484.jpg
彼らはサンゴの根を覆い、各々が搾餌をしています。その行動をしばらく観察していてあることに気がつき、ゾッとしました。主に藻類を食べ、稀にデトリタス(生物や微生物の死骸等)を食べている彼らがなんと、白化したサンゴ自体をついばんでいたのです。健康なサンゴであれば抵抗力もあり、住処としているスズメダイや甲殻類などが宿主であるサンゴを防衛しようとしますから、これは普通ではありません。高海水温に長期間さらされたサンゴは褐虫藻を放出します。そして重要なパートナーを失ったサンゴ虫自体もやがて死に、白化した骨格だけが残り、抵抗源を失った骨格はやがて藻類に覆われ、瓦礫となります。彼らはその断末魔をあげているサンゴ達に最後の一撃を加え、息絶えた死骸を食べていたのです。
a0060407_18425087.jpg
この時を待っていたといわんばかりに次々と、絶え間なく襲い掛かる彼ら。黒い雲が死の影のように見えてきて…。豊富だったサンゴを宿主とするスズメダイ達は嘘のように激減していました。もう住処としての機能を持たないと判断したのでしょう、それにしても彼らはどこに移動したのか、安住の地は見つかったのでしょうか。とても、とても重い1本になりました。

ニザダイの仲間たちにとっては繁栄のまたとないチャンスなので、これから爆発的に増え、数日のうちに主要なダイビングポイントに大挙して押し寄せ、瀕死のサンゴ達に襲い掛かるのは自然の必然。なすすべはなく、非難する権利も自分たちにはありません。これから息絶えた彼らが礫となる数か月後まで、しっかりと見続けようと思います。


1998年と共に、この2016年を忘れないように、記録しておきます。

-追記-
白化したサンゴは既にポリプが消滅しているという前提で考えると、ニザダイ達はその後に着床した珪藻を食べている可能性が最も高いと思われます、研究者の方々にも伺いましたが、やはりわからないことだらけです。なのでこの記事が正確な記述であるかどうかについてはまだなんとも言えません、まだまだ時間と検証が必要です。ただ観察していてまだポリプが生きている茶色の部分と白の部分の境界線の箇所をついばんでいるニザダイもおり、南方のニザダイたちの多くががシガテラ毒をもつことなど食性にまだ未知の部分もあり、さまざまな可能性を考えていってもよいと思います。




[PR]
by color-code | 2016-08-28 11:46 | ナンハナリ大群集・サンゴの話 | Comments(0)
白化するサンゴとキイロサンゴハゼ

少なくともあと数年、前回の教訓をもとに推測するならあと十数年後になるかもしれない。努めて悲観的にならず、今年の、まさにこの数日で移り変わる海中を見ていただくことを、とても大事に感じながら潜る今日この頃。


しかし、このサンゴに出会った時は絶句した。

a0060407_17371362.jpg
白化したイソギンチャクとクマノミ、ではなくて、白化したサンゴとキイロサンゴハゼ。今、普段枝状サンゴの奥で暮らす彼らを、あおりの構図で撮れる、しかも待つことなく簡単に。
十数年ぶりの撮影の好機、でもこれは彼らの家(サンゴ)が既に住処としての機能を失っていることを意味する。サンゴが死にゆく中、海は家を失い、行き場のない無数の生物と、それにとってかわる魚達で溢れている。

.............................................................................................................................................................
12/28-01/02 与那国ハンマーリバーツアー 残席わずかです。
ここ数年、ダイバーの憧れ、ハンマーリバーが爆発中の与那国。人数5人限定で年末年始ツアーを募集中です。冬でも水温は24~25℃、ハンマーを狙う西埼までは港からボートで5分以内、1本づつショップに帰ってシャワーで温まることが出来ますので冬の海でも快適です。
ここ数年は毎日数百単位のハンマーリバーが連発という状況、基本的に全ダイブリバー狙いをします、一昨年は安全停止中に推進真横数mにハンマーリバーが登場するなど、世界でも類を見ないダイビングサイトへと成長しました。参加ご希望の方、体育会系ノリではないのでどうぞご安心ください。ただし器材セッティング、エントリー後のヘッドファースト潜降、ガイドの水深をキープできること、撮影機材は自分で管理できることが必要です、スキル的に心配のある方はお問い合わせください。

与那国ツアー開催日程
・日程12/28-01/02(最大14ダイブ)
・ダイビンスサービス あーびゃん
・宿泊 併設ペンション(2名1室インバス)
・航空券手配もご希望により承ります。

詳細はお問い合わせください。
カラーコード:塩入淳生 shioiriatsuo@yahoo.co.jp

.............................................................................................................................................................



[PR]
by color-code | 2016-08-25 17:39 | ナンハナリ大群集・サンゴの話 | Comments(2)
こんなんあったっけ?
やっと来るであろう台風のこじらせっぷりが…。
a0060407_21571533.jpg
この後八重山の東で過去をリセットして、普通の台風として歩みそうなのが怖い。

.............................................................................................................................................................
12/28-01/02 与那国ハンマーリバーツアー
ここ数年、ダイバーの憧れ、ハンマーリバーが爆発中の与那国。人数5人限定で年末年始ツアーを募集中です。冬でも水温は24~25℃、ハンマーを狙う西埼までは港からボートで5分以内、1本づつショップに帰ってシャワーで温まることが出来ますので冬の海でも快適です。
ここ数年は毎日数百単位のハンマーリバーが連発という状況、基本的に全ダイブリバー狙いをします、一昨年は安全停止中に推進真横数mにハンマーリバーが登場するなど、世界でも類を見ないダイビングサイトへと成長しました。参加ご希望の方、体育会系ノリではないのでどうぞご安心ください。ただし器材セッティング、エントリー後のヘッドファースト潜降、ガイドの水深をキープできること、撮影機材は自分で管理できることが必要です、スキル的に心配のある方はお問い合わせください。

与那国ツアー開催日程
・日程12/28-01/02(最大14ダイブ)
・ダイビンスサービス あーびゃん
・宿泊 併設ペンション(2名1室インバス)
・航空券手配もご希望により承ります。

詳細はお問い合わせください。
カラーコード:塩入淳生 shioiriatsuo@yahoo.co.jp

.............................................................................................................................................................



[PR]
by color-code | 2016-08-19 21:58 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
穏やか


今年のお盆、2日前からマンツーマンのゆったりまったりです。ちょっと東風が弱まったので、凪で透明度MAXのトンバラにて。
a0060407_23160718.jpg
何が居るとかそんな感じでなく、とにかくプカプカ、それが気持ちいい感じ。
a0060407_23161683.jpg
そんななか、多忙の合間、親子でひと時の夏休みを過ごすインストラクターとその息子に出会いました。こういうのは一流のガイドの力量と自分の息子だからこそアリなことで、それが水を通して伝わるのがとても心地よかった。素敵でかっこいいと思う。いい夏休みだなぁ、おまえの父ちゃん、最高だぞ。


.............................................................................................................................................................


12/28-01/02 与那国ハンマーリバーツアー
ここ数年、ダイバーの憧れ、ハンマーリバーが爆発中の与那国。人数5人限定で年末年始ツアーを募集中です。冬でも水温は24~25℃、ハンマーを狙う西埼までは港からボートで5分以内、1本づつショップに帰ってシャワーで温まることが出来ますので冬の海でも快適です。
ここ数年は毎日数百単位のハンマーリバーが連発という状況、基本的に全ダイブリバー狙いをします、一昨年は安全停止中に推進真横数mにハンマーリバーが登場するなど、世界でも類を見ないダイビングサイトへと成長しました。参加ご希望の方、体育会系ノリではないのでどうぞご安心ください。ただし器材セッティング、エントリー後のヘッドファースト潜降、ガイドの水深をキープできること、撮影機材は自分で管理できることが必要です、スキル的に心配のある方はお問い合わせください。

与那国ツアー開催日程
・日程12/28-01/02(最大14ダイブ)
・ダイビンスサービス あーびゃん
・宿泊 併設ペンション(2名1室インバス)
・航空券手配もご希望により承ります。

詳細はお問い合わせください。
カラーコード:塩入淳生 shioiriatsuo@yahoo.co.jp

.............................................................................................................................................................



[PR]
by color-code | 2016-08-15 23:19 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
癒される

ここんところサンゴの白化を毎日見続けているので、自分でも気づかないうちに倦んでいたのかもしれない。

a0060407_17253556.jpg

あらためて今年の一押しを眺めていると、すっかり気持ちが晴れ晴れしてきました。海はいいね。

.............................................................................................................................................................


2016年末年始 12/28~1/02 与那国ハンマーリバーツアー
ここ数年、ダイバーの憧れ、ハンマーリバーが爆発中の与那国。人数5人限定で年末年始ツアーを募集中です。冬でも水温は24~25℃、ハンマーを狙う西埼までは港からボートで5分以内、1本づつショップに帰ってシャワーで温まることが出来ますので冬の海でも快適です。
ここ数年は毎日数百単位のハンマーリバーが連発という状況、基本的に全ダイブリバー狙いをします、一昨年は安全停止中に推進真横数mにハンマーリバーが登場するなど、世界でも類を見ないダイビングサイトへと成長しました。参加ご希望の方、体育会系ノリではないのでどうぞご安心ください。ただし器材セッティング、エントリー後のヘッドファースト潜降、ガイドの水深をキープできること、撮影機材は自分で管理できることが必要です、スキル的に心配のある方はお問い合わせください。

与那国ツアー開催日程
・日程12/28-01/02(最大14ダイブ)
・ダイビンスサービス あーびゃん
・宿泊 併設ペンション(2名1室インバス)
・航空券手配もご希望により承ります。

詳細はお問い合わせください。
カラーコード:塩入淳生 shioiriatsuo@yahoo.co.jp

.............................................................................................................................................................




[PR]
by color-code | 2016-08-14 17:26 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
海が熱い。
熱いといってもトピックスの話ではなくて現実の数字の話。陸上の屋外では露天ロウリュができる熱波だし、水面だって32度あるし、ハテノ浜にいたっては、これって半身浴の温度じゃんかという状態。畳石のタイドプールはもっとすごくて、余裕の40度超え。よく生きてるというか、これって調べたら新発見いろいろあるだろっていうレベルの暑さ。ちょっと1998年の再来という言葉が現実味を帯びてきました、あれは悪夢のような出来事だったからもう勘弁してほしいのだけれど。
a0060407_12245620.jpg

現在のハテノ浜沖(キンメの根)のアンカーを打つ根です。見事なサンゴ達です、しかしアンカー打つ隙間なんてどこにあるのさ。4年前までの親子岩やシチューガマもこんな感じでした。今もすくすく成長中。

しかしこの場所、ちょうど2年前の2014年の7月末、台風8号の襲撃で更地に近い状態になった所なのです。生き残ったサンゴも基部がかろうじて残ったという割と悲惨な状態からたった2年でここまで回復しました。海が健康ならサンゴはここまで急速に育つんですね。ただエルニーニョ、ラニーニャ現象の原因の一部分は僕たち人間に依るわけで、この根のように水深1m前後の高海水温帯は、いつまで持ちこたえるか心配です。今年はたとえ台風来ても、さすがに恨めないです。

.............................................................................................................................................................colorcode記事はここまでとなります。これより下段↓は広告スペースとなります、ご了承くださいませ。


12/28-01/02 与那国ハンマーリバーツアー
ここ数年、ダイバーの憧れ、ハンマーリバーが爆発中の与那国。人数5人限定で年末年始ツアーを募集中です。冬でも水温は24~25℃、ハンマーを狙う西埼までは港からボートで5分以内、1本づつショップに帰ってシャワーで温まることが出来ますので冬の海でも快適です。
ここ数年は毎日数百単位のハンマーリバーが連発という状況、基本的に全ダイブリバー狙いをします、一昨年は安全停止中に推進真横数mにハンマーリバーが登場するなど、世界でも類を見ないダイビングサイトへと成長しました。参加ご希望の方、体育会系ノリではないのでどうぞご安心ください。ただし器材セッティング、エントリー後のヘッドファースト潜降、ガイドの水深をキープできること、撮影機材は自分で管理できることが必要です、スキル的に心配のある方はお問い合わせください。

与那国ツアー開催日程
・日程12/28-01/02(最大14ダイブ)
・ダイビンスサービス あーびゃん
・宿泊 併設ペンション(2名1室インバス)
・航空券手配もご希望により承ります。

詳細はお問い合わせください。
カラーコード:塩入淳生 shioiriatsuo@yahoo.co.jp

.............................................................................................................................................................colorcode記事はここまでとなります。これより下段↓は広告スペースとなります、ご了承くださいませ。
[PR]
by color-code | 2016-08-04 12:26 | ナンハナリ大群集・サンゴの話 | Comments(0)