<   2017年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
全面禁煙(夢の話)

6月から全面禁煙に。よく行く島の居酒屋さんです。想像ですが、長い間葛藤しての決断だと思います、しばらく前から20時半とか、そのくらいまではお子さん連れの家族層が多いので、禁煙にしていたこともありました。さすがに今のご時世、ミルク瓶持ってる子供がハイハイしてる横で誰かがタバコ吹かしてるの見るのはキツいものがあります。しかし正直利益にも関わるし、島人の喫煙率は平均より高め、マナーは低めなものですから、それはもう大変だったと思います。

a0060407_19413146.jpg
閑散期の長い、こんな離島の小さな店がチャレンジしていることが、何故どこかは進まないんだろな? 色々あるのかね~なんて考えてたら寝落ち…昨夜の話です。

夢の中は既に国中屋内外問わず、罰則アリの全面禁煙が施行されてました。喫煙可能な場所は国の認可制、そんな認可店のガールズバーに入ったんだけれど、カウンターの女の子が全員防毒マスクで接客していた、服装は普通なのでかなりグッとくる感じ。店内は案の定、若干靄がかかっていて、昭和みたいに各社のタバコのCMとかが普通に流れてる。でもってアイコス派と元燃焼派がカウンターでお互いをけなしあったりしていて、その向かいの防毒マスクの女の子が「どっちとか関係ねぇんだよオッサン共が!」って言ってる。なかなかいい店だ。

実は認可店は国から売り上げに応じてたばこ税からの助成金がもらえるので料金は激安で、結構飲んだのに3000円です、びっくり。たぶんだけど国は、たばこもその分3000円くらいに上げてるんだと思う。庶民が取り返したつもりが更に取られてるという。さすが国。ところで金がごまかせないよう、認可店にはなんかすごいハイテクチックなPOSレジが設置されてて、水増し請求とか客と店の談合とか到底できないようになってました。だけどPOSレジに何故か東芝のラベルが貼ってあって、それ笑えねーよ。と夢の中で突っ込んだところで眼が覚めた。

この国、観光で行ってみたいと思ったぞ。-くだらない長文ですみません、ちなみに僕は嫌煙家でない、元チェーンスモーカーです-


[PR]
by color-code | 2017-05-30 19:59 | ねじれ頭がぷかぷかぶーん | Comments(0)
ハンマー最終戦

ここ数日トンバラ通いしています。この大潮回りは潮が速かった。干潮・満潮関係なしにビュンビュン、しびれるわぁ…。


マダラトビエイやイソマグロが多いです。抜けきった黒潮ブルーと、時折水深の深い方から冬の潮も入ってきます。その潮にのってハンマーもまだまだ登場。魚影もまだまだ序盤戦、もっとどんどん濃くなりますね、楽しみです。

.............................................................................................................................................................



[PR]
by color-code | 2017-05-27 16:44 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
ダイビングの防寒方法あれこれ -数百円でウエットスーツをセミドライ並みにする方法-

5月も中旬、現在久米島の水温、25度。魚影もどんどん濃くなっています。問題はダイビングスーツ。さすがにドライは不要として、5mmワンピースだとちょっと寒い感じ。 ツーピースだったら全然問題ないんですけどね。ただ圧倒的に3~5mmのワンピースのダイバーが多いのが今のダイビングシーンです。では各ファスナー部等にシールがされたセミドライスーツなら暖かい? むむ…。かなりのお値段(フルオーダーでまさかの10~14万て…。)

微妙な水温のダイビングで防寒に悩んでいる方へ、安心してください。数百円でウエットスーツをセミドライ並みにする方法があります、自分もしていますが体感水温1.5度は上がります。水温25度が26.5度に感じるわけです、もう気分は夏でしょ。

a0060407_17462796.png
投資はたったの数百円。これはアウトドアブランドのコールマンのベルクロテープ。AMAZONとかで500円。アウトドアショップやDIYでも簡単に入手可能です。
a0060407_17471506.jpg
この荷造りベルクロテープを25~30㎝に切って4本作ります。面倒な人は足首2本だけでも全然効果あり。
a0060407_17480953.jpg

これで手足首をきつめに留める、それだけ。

出来るだけきつめに。たったこれだけで、セミドライ並みに水が入ってこなくなります。両手首もすると完璧です。さらにスーツは水中で縮むので、ダイビング開始時に水中で少し締めなおすと更にセミドライに近づきます、やってびっくりこれホント。そしてこの時にぜひウエイトベルトもきっちり締めなおしましょう、大半の方は水中に集合した時点で少しゆるゆるになっているはずです。脱落のリスクを減らせますし、水中姿勢も格段に安定します。そして上半身と下半身を分割するウエストの部分を遮断するのは保温にも貢献します。

a0060407_17483563.jpg
ベルクロでなくても締まればよいので、ドライスーツのアジャストベルトを使っても大丈夫。これは2~3千円しますが、ビジュアルはこっちのがいいですね。すでにドライスーツをお持ちで水温の微妙さに悩んでいる方は、このアジャストベルト&ウェットスーツという手もアリです。

a0060407_17495982.jpg
唯一水の侵入が防げない背中ファスナーの部分。ここはフードベストが最強におススメ、これで首、手足首、すべての穴からの海水の侵入を抑えられます。

次点で厚めの保温用インナーも有効です。

a0060407_17502033.jpg

首からの水の侵入を考えたらツーピースのウェットスーツを使用して各アイテムを併用するのが一番効果的です、水温20~30度までは対応できるはずです。でもスーツが5mmのワンピースしかなくても、①5mmワンピース ②ブーツ&グローブ ③フードベストor防寒ラッシュガード ④ベルクロテープ、これさえあれば水温22度程度までは耐えられると思います。もちろん、これが5mmツーピースやロクハンカブリだったらもっと低い水温、たとえば18度近くまで可能でしょう。

真夏の29度の水温でも、日差しが無いと5mmのワンピースでは水面休息時間に体温が回復しなかったりすることもあります。今、自分が持っているアイテムを活用して、お得に今からのトップシーズンをお過ごしください♪

.............................................................................................................................................................



[PR]
by color-code | 2017-05-18 18:02 | 道具 | Comments(0)
この季節の風回りは恐ろしい。

昨日の前線通過はほんとに恐ろしかった。一昨日からの強めの南風で早朝の島の北側海域がなんとかいけるかどうか。雨のち雲り、風は南西のち、昼過ぎから北西へ変わる予報。梅雨の沖縄ならではの風回り予想の海。
ところが10時前にすべての予報を裏切り豪雨と共に風向きも急変、数分で一気に台風並みの北風に。建物の中に居てもゾッとしました。今の自分がもし昨日8時過ぎに出航していたら帰れたかどうか。風回りあるあるでは、風は満潮時に変わることが多く、昨日の満潮は9時半過ぎ、まさに満潮に向かって前線が通過し変わっていた。対して諸々の天気予想はことごとく3時間遅れ、Windytyだけ1時間遅れ、でも昨日に限って言えば1時間は致命的に手遅れ、朝に嫌な予感がして、売り上げを諦め、ゲストさんの期待を無にしてでも、ごめんなさい出ない、というのが最善の選択だったのだろうと思います。
この季節、サンゴの産卵やジンベエなどのトピックスがあって、魚影も濃くていい海ですが、これを教訓に安全第一、これが一番ですね。ダイバーの皆さんがよく利用する天気サイトのまとめをリンクしておきます。


ツアー催行の決定はサービス側がいたしますが、ゲストの皆さんにも是非その日の海況予想を見ていただければと思います。ツアーメンバー全員がその日の天候の注意点を把握しているほうが数段、安全マージン、上がりますよね。


こんな海況の時こそ風向きや風速の急変にも強いインリーフとビーチです。まったりフィッシュウォッチング。

a0060407_08400664.jpg

アミメベンケイハゼ。この属は転石やサンゴ礫の下に住むので観察が難しいのですが、顔と動体の模様がガラっと変わる種が多いので面白い。この種もパッと見地味なんだけど、顔は隈取り、身体は網目となかなかの渋さ、おしゃれさんです。

a0060407_08400990.jpg

砂地のおしゃれさんといえばこのひと。相変わらずまつパがゴージャスですわ。

.............................................................................................................................................................


[PR]
by color-code | 2017-05-17 08:47 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
イケメン図鑑

a0060407_08360171.jpg

イケメンの人

a0060407_08360596.jpg
イケメンの馬(フレデリック)
a0060407_08360843.jpg
イケメンのゴリラ(シャバーニ)
a0060407_08361267.jpg
イケメンのサカナ(ヒナギンポ)

ど、、、土俵が違う! 勝てる気がしねぇ…。

.............................................................................................................................................................


[PR]
by color-code | 2017-05-07 08:37 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
ロウニンアジのアタック

昨日はなんだかすべての予報サイトが真逆に外れる珍しい荒天でした。奄美の北側の前線が悪さしてうねりはすごいわ風も強い、おまけに晴れ予報なのに濃霧だし。。。ナングチがあんなに大人気の日もまた珍しい(笑)。

a0060407_17151132.jpg

仕切り直しの今日は絵にかいたような好天に恵まれ、もう行くしかないでしょ朝からトンバラトンバラ番♪

a0060407_17080238.jpg
潮も良し、ロウニンアジとカスミアジがグルグルしてます。マダラトビエイや単体ハンマーも登場。

真っ黒の体色になったテンションMAXのロウニンアジのアタックがすごかったです! グルクンびゅんびゅん!!  動画は30秒。


.............................................................................................................................................................


[PR]
by color-code | 2017-05-04 17:15 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
久米島の養殖モズクの収穫。

a0060407_08005345.jpg
「養殖」から想起される映像とはあまりにかけはなれたこの風景。
島の東西に数キロにわたって延びるハテノ浜のさらにその先、インリーフの中でも最も清浄な海で育成されます。


最高の透明度で育つモズクは歯ごたえ、ぬめり、すべて最高。そしてこの広大な畑は、小さな命のゆりかごでもあり、様々な生物を育ててゆく豊かな環境の一部でもあります。こんなとこで育ったモズク、そりゃもう美味しいですよ。他の食べれませんて。

.............................................................................................................................................................



[PR]
by color-code | 2017-05-01 22:12 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)