与那国ツアー絶好調です。

年始まで与那国にハンマリバーを見に来ています。心配していた高水温でしたが年末から絶好調、群れの当たりが例年より多いです。普通のスキルとオトナのマナー、ほんの少しの向上心、この3つあれば、移動時間や料金、快適さ含め、ここまでイージーにハンマーリバーが現れる海は世界でもここだけでしょう。実際、今日は某ショップにアラブの富豪の娘が来ており、通訳にコーディネーター、カメラマン等を従えてクルーザー丸ごとチャーターだそうで。空港送迎のスタッフに聞いたらものすごいスーツケースの量だったそうです。チャーターフィー、たくさん頂かないとですね。でも年末じゃなくてよくないか?笑 富豪なんだから! 受け入れスタッフの苦労すごすぎるでしょ。

a0060407_17390841.jpg

さて、こちらは昨日からまったり潜っていますがいずれも群れ、壁、河に遭遇。水深も浅い時もあり、好調をうかがわせます。これはGoproの切り出し。

群れの中に入って数百のハンマーに抜かされてゆく。気持ちいい!
.............................................................................................................................................................



[PR]
# by color-code | 2016-12-29 17:39 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
再び大寒波

今日の午前中まで、ぬくぬくと数日間の夏日を満喫していましたが、午後から北風に変わり、波高し、風吹きすさぶ、の荒れ模様です。海は朝早くに出航して早々に2本潜って退散してきました。充実の北のポイント、ウーマガイとイマズニ2本立て。北の人気ポイントは冬でも華やかですね~。ちなみに久米島22日現在、心地よいくらいにクリスマスの気配を感じません。うちもそうで、冬至らしく、さびぃ~さびぃ~と言いながら島酒で身体を温めながら鍋を囲む方がやっぱ好き。

さて、画像はイマズニに好調のカマス達。数種のカマスがおおざっぱな塊をつくって混泳しています。ギンガメアジはここんとこ弾丸塊に性格を変えつつあり、ちょっと悩ましい。

a0060407_19075479.jpg
おおざっぱと書いたのは群れの広さが広すぎる!(笑) この画面の少なく見積もって3倍くらい全盛期はあったのが、アオチビキやロウニン、イソマグロにやられて今現在でもこれ。全然収まらない。うれしい悩みですね、でもしばらく北のポイントとはさよならです。明日はどこに行けるのかな?

.............................................................................................................................................................


[PR]
# by color-code | 2016-12-22 19:11 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
イツメン(2)

寒気がちょっと緩みました。たったの2度の違いだけれど、船上がポカポカに感じます。クリスマスくらいまで、ぬくぬく過ごしたいなぁ。

今日も居ましたブラックさん。行動を見ていると、単独行動が多いし他のナンヨウマンタに比べて明らかに警戒心も強い、泳ぎ方も心なしか違うんだよな、将来的に別種になっても驚かないです。

a0060407_17510903.jpg

ちなみに久米島のブラックは皆小さめです。やっぱり下からでも目立つから生まれたときからハンデ背負ってるし、大きくなるまで生き残るのは大変なんだと思います。水面で搾餌してる時も、ノーマルの個体のように無我夢中で口を開けてる、ということはないのでワンチャンスくらいの気持ちで寄ってくださいね。

.............................................................................................................................................................


[PR]
# by color-code | 2016-12-17 17:52 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
イツメン


ただいま水温高いところで26度、低いところで24度、例年からすれば1.5度ほど高い感じ。でも一昨日からの大寒波で近日中にストンともう一段落ちるでしょう。船に上がってくると刺すような寒さに感じる風の強い日もありますので防寒対策、しっかりお願いします。防寒はなによりまず気化熱がヤバいくらいに寒いのでエキジットしたらまずウエットを脱げるまで脱いでタオルで拭いて、フリース等の保温層と、ボートコート等の防風層、この2層を作って寒さをしのいでください。適切にすれば暖房中の車内並みのポカポカさを得られます。参考にリンクを貼っておきますね。


ところでマンタが11月よりシーズンインしています。幾枚かの個体は毎年居る常連さんです。マンタは模様に個体差がかなりあるので識別しやすいです。

a0060407_17141395.jpg
この個体も常連さんの尾びれ欠損個体。いろいろ不便もあるだろうけれど、しっかりしぶとく生きてます。愛想もいいことが多いので、毎年お世話になってます、今年もよろしくね。
.............................................................................................................................................................


[PR]
# by color-code | 2016-12-16 17:18 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
冬眠中

今月になってからすっかり冬ごもり。年賀状書いて、備品のチェックして、領収書打って、JOGして21時に寝る。いろんな消費がすっかり低くなるこの季節、気分はすっかりムーミン谷の冬。
でもこういう時間に今から慣れてるから、もし長生きできて、毎日日曜日になってもたぶん鬱になったり呆けたりはしないかもね~なんてむりやり気楽に考えるしかないな。

a0060407_09185001.jpg
そんな先の事の前に、年越せるのか? の方が問題なのは内緒です。


[PR]
# by color-code | 2016-12-08 09:19 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)
知性

魚の眼も様々、サメは見るからに腹に一物ありそうだし、弱気な魚や上手く立ち回る魚、タテジマキンチャクダイとかベラ達の多くはサングラスでその眼を隠して自分を守っている。ダイバーから疎んじられているゴマモンガラの瞳は意外にもつぶらでとても可愛いし、カエルウオの仲間たちのドーム状の眼は僕たちの心を反射するように、様々な感情を見せる。

a0060407_15595194.jpg
写真はハナヤサイサンゴの奥にひっそり住むダンオオコゼ。

基本的なカサゴの眼とカエルウオの顔なのだけれど、その髭もあってか知性を感じるたたずまい。しかもなんか強そう。ボスキャラ級でこういうのいるよね。素で相当強いのに魔力も高いから、叩きながら火とか吐いてくるヤバい奴。で、こっちがボロボロになって倒すと「見事な闘いだった、お前達ならこの先にゆけるだろう。」とかね...オイその知性で闘う前に察して通しておくれよ。


そんな強敵(とも)が久米島の棚上には沸くほどおります。ダイバーも少なくなり、じっくり被写体に向き合えるこの冬のシーズンです、フォト派の皆様、ちょっと長めになりますが、充実の勝負をお楽しみください。

.............................................................................................................................................................
12/28-01/02 与那国ハンマーリバーツアー『残席男性のみ1名ギリギリ可能かも、お問い合わせください』
ここ数年、ダイバーの憧れ、ハンマーリバーが爆発中の与那国。人数5人限定で年末年始ツアーを募集中です。冬でも水温は24~25℃、ハンマーを狙う西埼までは港からボートで5分以内、1本づつショップに帰ってシャワーで温まることが出来ますので冬の海でも快適です。
ここ数年は毎日数百単位のハンマーリバーが連発という状況、基本的に全ダイブリバー狙いをします、一昨年は安全停止中に推進真横数mにハンマーリバーが登場するなど、世界でも類を見ないダイビングサイトへと成長しました。参加ご希望の方、体育会系ノリではないのでどうぞご安心ください。ただし器材セッティング、エントリー後のヘッドファースト潜降、ガイドの水深をキープできること、撮影機材は自分で管理できることが必要です、スキル的に心配のある方はお問い合わせください。

与那国ツアー開催日程
・日程12/28-01/02(最大14ダイブ)
・ダイビンスサービス あーびゃん
・宿泊 併設ペンション(2名1室インバス)
・航空券手配もご希望により承ります。

詳細はお問い合わせください。
カラーコード:塩入淳生 shioiriatsuo@yahoo.co.jp


[PR]
# by color-code | 2016-12-01 16:01 | Comments(0)
あそっか、この人だったわ。
朝、TVを見ていたら北斗晶さんがいつもの笑顔で時短料理を手際よく作っていた。ガンと闘いながら、色々苦しい台所事情もあると思われる中、あっという間に復帰して、いきなりの生放送の中、ちょっと錆びついた感覚も感じたけれど、とにかく必死に笑顔を作って番組を進行する姿に胸が熱くなった。つらいことや心配事はいつも多々あるけれど、それを忘れるくらい動いて、動いて、とにかく続けることが一番大事だ、頑張ろう。

そんなことを感じていたら、ふと気がついた。
a0060407_09582000.jpg
うりふたつ。
a0060407_09582749.jpg
ひとりで篭っていると笑わなくなって人相の悪い僕なんかはさらに悪くなる。いかんいかん、スマイル、スマイル(^^)

[PR]
# by color-code | 2016-11-30 09:59 | うみのいろはそらのいろ | Comments(0)